リゾート・別荘の上手な探し方 Resort.navi
メニュー
  ・はじめに
別荘地を選ぶ
  ・分類で選ぶ
  ・立地条件で選ぶ
  ・管理サービスで選ぶ

区画選び
  ・傾斜地
  ・平坦地
  ・建築規制の影響

別荘のつくり
  ・ハンドカットログ
  ・マシンカットログ
  ・2×4工法
  ・在来工法
  ・木質パネル工法

注文建築のポイント
  ・注文建築・建売の違い
  ・建築家・メーカー選び
  ・建築家との付き合い方

 

・資金関係について

  ・見学にいく

 

>> 注文建築のポイント

■ 建築家・メーカー選び ■

・メーカー、建築家を幅広く研究してみる

別荘を持ちたいと思うとき、多くの人がまず地域を絞ることだろう。
そして、そこに好みの建売別荘が見つかれば、購入に踏み切れる。

では、好みの建売別荘がなかった人や、土地を買って建物を建てるつもりでいる人は、
どう動けばいいのだろうか。そこで候補に挙がるのが、住宅メーカーのモデルプランや、
オリジナルの設計をする建築家だ。

住宅メーカーは、雑誌の広告やモデルハウスで見つることができる。
ログハウス専門、2×4工法中心など、それぞれが特徴を持っているので絞り込みやすい。
オリジナルの注文建築タイプを夢見る人たちに向いているのが建築家。趣味を楽しめる
特別な部屋をつくりたい、ほかにはないデザインに仕上げたいなど、建物に具体的な
イメージを持っている人にはうってつけの依頼先だ。

市販の住宅雑誌を見ると、その人がつくった住宅の写真と一緒にたくさんの建築家が
紹介されている。モダンなデザインをする人、自然素材を生かす人、渋い和風が得意な人など、
建築家にはそれぞれ独自の作風がある。
好みの家を探したり、ピンとくる人がいたら、何人かをリストアップして、まず電話をしてみる、
これが建築家と知り合うための第一歩だ。

・現場に足を運ぶ建築家ほど、仕事に熱心だ

住宅メーカーや建築家に連絡したら、まず予算や希望といった条件を伝える。
相手が建築家の場合は、その条件で設計を受けてくれるのか、いつまでに設計を
してもらえるのか、など相手の都合を聞くことも忘れないように。

そして、真面目な建築家かどうかを見極めることも大切。そのポイントは「工事管理」。
注文建築タイプの別荘は、設計は建築家、工事は建築会社という分業制でつくっていく。
建築会社は、建築家とも依頼主とも関係のない第三者だ。そのため、建築家は自分が描いた
設計図どおりに、建築会社が工事をしているかをチェックしていく。
建築家の仕事は設計をしたらおしまい、というわけではない。

ところが、これは建築家によってバラツキがある。熱心な建築家ほど現場によく通う。
逆に、まったく現場に行かない人は、工事にミスがあっても見過ごされてしまうこともある。
特に、都会に事務所を持つ建築家に、地方の別荘を設計してもらう場合は、何回ぐらい
現場に足を運んでくれるのかを事前にたずねてみるといいだろう。


・メンテナンスの体制は様々なので、しっかり確認をする

住宅メーカーは、それぞれ独自のアフターメンテナンス体制をもっている。
保証の対象や保証期間のほか、どこまで無料なのかまでを具体的に確認しよう。
輸入品の設備などを取り入れるという場合は、日本でのメンテナンス体制が整っているか
を確かめたいところだ。

ログハウスでは、乾燥によってログ材が縮み続ける「セトルメント」という現象があるが、
どの住宅メーカーもセトルメントを想定した設計と工事をしているので、心配はない。

建築家でアフターメンテナンス制度をもっている人はまずいない。制度という枠をはめずに、
建物の面倒を見続けるというのが建築家の姿勢だ。
どの建築家も、自分が設計した建物には責任感や愛着をもっている。何か支障が起きたら、
まずは相談をしてみること。原因を探し出して、適切な対策を打ったり、アドバイスをしてくれる
はずだ。期間や範囲を限定した画一的な保証制度としてではなく、有償だが、建物がある限り
末永く面倒を見てくれるのが建築家だ。

■ おすすめWEBサイト 5選■

2014/10/2 更新