リゾート・別荘の上手な探し方 Resort.navi
メニュー
  ・はじめに
別荘地を選ぶ
  ・分類で選ぶ
  ・立地条件で選ぶ
  ・管理サービスで選ぶ

区画選び
  ・傾斜地
  ・平坦地
  ・建築規制の影響

別荘のつくり
  ・ハンドカットログ
  ・マシンカットログ
  ・2×4工法
  ・在来工法
  ・木質パネル工法

注文建築のポイント
  ・注文建築・建売の違い
  ・建築家・メーカー選び
  ・建築家との付き合い方

 

・資金関係について

  ・見学にいく

 

>> 別荘を作る

■ 木質パネル工法 ■

・工場製作のパネルは確かな断熱・気密性を持つ

木質パネル工法の構造の仕組みは、2×4工法とほぼ同じもの。
両者の違いは、構造パネルを現場でつくるか、工場でつくるかの違い。
工場で製作するパネル工法は、大きく二つのメリットを持っている。

一つは、より確実な断熱性を持つ点だ。パネルにはあらかじめ内側に断熱材を入れ、
サッシも取り付けてしまう。そのため、断熱材を雨風にさらさずに済み、しかもムラなく
入れることができ、大切なサッシまわりの断熱・気密も確実にできる。
もう一つは、工期が短縮できる点である。パネルをプレハブ化しているため、
現場にそれを運んで組み立てれば構造は出来上がってしまう。

・広い部屋をつくりやすいが、パネルによる制約もある

パネル工法では、在来工法ほどの開放的な窓は取れないが、家の中は、
広いオープンな間取りにしやすい工法だ。断熱・気密性が高く、暖房効率がいい
という性能が、広い部屋をつくるうえでも理にかなっている。

ただし、パネル工法ゆえの制約もある。壁で建物を支えるため、大幅な増改築は難しく、
曲面の壁や変形の部屋は、大きなコストアップにつながる。こういった点は2×4工法と同様だ。

■ 木質パネル工法の特徴 ■

・デザイン
お好み次第の洋風デザインができるが、どちらかといえば北欧風となっている。
2×4工法よりもシンプルな仕上げが似合うだろう。

・断熱・機密性
断熱・気密性ともに2×4工法以上となっている。
その分、室内の換気には十分な気を配る必要がある

・間取り
断熱・気密性が高いことからも、壁や扉で仕切らない広くてオープンな部屋を
つくりやすくなっている。ただし、増改築は難しいのがと特徴だ。

・コスト
パネル工法は住宅メーカーの商品となるため、各メーカーの
設定した価格になっている。グレードはさまざまだ。

■ recommend■