リゾート・別荘の上手な探し方 Resort.navi
メニュー
  ・はじめに
別荘地を選ぶ
  ・分類で選ぶ
  ・立地条件で選ぶ
  ・管理サービスで選ぶ

区画選び
  ・傾斜地
  ・平坦地
  ・建築規制の影響

別荘のつくり
  ・ハンドカットログ
  ・マシンカットログ
  ・2×4工法
  ・在来工法
  ・木質パネル工法

注文建築のポイント
  ・注文建築・建売の違い
  ・建築家・メーカー選び
  ・建築家との付き合い方

 

・資金関係について

  ・見学にいく

 

>> 見学に行く

ここでは実際に現地へ見学に行くというときに、確認しておきたいポイントをいくつか紹介していこう。

建物を見る

・地域の気候に合ったものか
その地域の気候条件を考慮した建物プランになっているかどうかを見よう。
たとえば、寒冷地なら断熱材の厚さが十分か、二重サッシになっているか
などの仕様を確認しよう。

・基礎工事は地盤に適しているか
建売別荘の場合、地盤に適した基礎工事がされているかの確認をしよう。
特に、傾斜地を利用して建てた別荘の場合は、どの程度の補強工事がなされて
いるかも質問しよう。湿気の多い場所なら、防湿対策は万全かをあわせて聞いておこう。

・間取りは利用しやすいものか
日当たりや風通し、リビングの広さなど、住まいとしての使い勝手を見よう。
眺望は場所によっても違うので、未完成の場合は住戸を特定して確認しよう。

・プライバシーは守られているか
リゾートでくつろぎたいと思っても、周囲の騒音や視線が気になるようでは落ち着けない。
マンションなら遮音性能を確認することも大切なポイントだ。また、別荘が密集している
地域なら、お隣や向かい側の別荘との窓の位置確認もしておこう。

・室内は安全か
和室や水回りの床などの、何げない段差につまずくと、思わぬ事故のもとになることもある。
特に、リゾートでゆったり暮らしたいシニア世帯は、高齢者対応のプランになっているか
どうかの確認をしよう。

・中古の場合は痛み具合をみよう
中古別荘の場合、天井や壁にカビやシミがないか、建具の開閉はスムーズか、
床のきしみはないかを確認。建物の基礎部分にひび割れや不審なシミがあるときは、
避けた方が良さそうだ。過去に床下浸水したことがないかどうかも、念のために聞いておこう。

 

全体のプランを見る

・大浴場の広さ、利用できる時間
特にリゾートマンションでは、温泉大浴場付きが魅力のひとつになる場合もある。
週末などの、利用者が増えるときにもきちんと対応できる広さが確保されているか、
あるいは毎日いつでも入れるのかを確認しよう。

・共用施設の使い勝手
スキーロッカーにスノーボードが入らなかったり、トレーニングジムといっても実際には
器具が2台しか設置されていなかったりでは、せっかくの共用施設も利用しづらいものだ。
ぜひとも利用したい施設に関しては、すべて足を運んで自分の目でチェックしておこう。

・イベントなどの行事
定住志向の人にとって、別荘地内での人々との交流があるかどうかは確認したいところだ。
なかにはサークルやイベント活動が多彩に行われ、住民同士の交流の輪が広がっている
ケースもあるようだ。中古で購入する場合は、すでにそういったプログラムがあるかどうか
確認しやすいので、忘れずにチェックしておこう。

・管理の体制
自然を満喫できるリゾートライフとはいうものの、予期せぬ事態が発生したとき、
周囲に助けてくれる人がいないのでは安心できない。防災・防犯時の対応をはじめ、
日常の管理体制や生活支援体制が整っているかどうかを入念に確認しておこう。

・将来的にどういったものが建つのか
憧れのリゾートライフが始まったと思いきや、周囲で年中、別荘の建築工事をやっている
ようでは、何かとわずらわしいもの。購入を希望している区画周辺の現況がどうなっていて、
将来どんなものが建つのか、どんな開発計画があるのか、といった説明は受けておくようにしよう。

周辺の環境を見る

・自宅からのアクセス
自宅から現地まで3時間以上かかるようでは、だんだん面倒になって利用頻度が
少なくなってしまうもの。車の場合、渋滞は季節や曜日、あるいは時間帯によっても
異なってくるので、現地の先住者にたずねてみよう。
鉄道なら、最寄り駅から歩けるのか、あるいはバスやタクシーは併用になるのかの
確認もしておこう。

・レジャー施設があるのか
複数のゲレンデがあるか、スキーシーズンが終わったら乗馬やゴルフが楽しめるかなど、
自分たちのやりたいスポーツ施設が豊富にそろっているかを見よう。さらに自分たちだけでなく、
将来、子どもや孫が喜びそうなプレイランドがあるか、といった視点も加えれば、長期的に
利用できる物件が選べるだろう。

・地域社会との関わり
リタイア後の定住を考えているなら、そのリゾート物件がある自治体の行政サービスや、
福祉に対する取組み姿勢は要確認だ。公民館や図書館などの充実ぶりや各種文化
セミナーなどの実施状況などもあわせて聞いてみよう。

一方、定年前に移住して、田舎暮らし的な生活を送りたいと考えている人もいるだろう。
その場合、地元の企業に再就職する道があるかどうかといった点も調べておこう。

また、就学年齢の子どもがいるなら、小・中学校までの道のりや、総合病院が車で
30分以内にあるかどうかなど、一般的な生活環境のチェックも必要になってくる。

・自然は豊かか
最後はやはり自然環境を見よう。海沿いの場所か山沿いの場所かで、景色も環境も、
あるいはそこで採れる自然の食材も違ってくる。どんな景色が楽しめるのか、どんな
食べ物が手に入るのかを確認しましょう。

■ recommend■

2014/10/2 更新