リゾート・別荘の上手な探し方 Resort.navi
メニュー
  ・はじめに
別荘地を選ぶ
  ・分類で選ぶ
  ・立地条件で選ぶ
  ・管理サービスで選ぶ

区画選び
  ・傾斜地
  ・平坦地
  ・建築規制の影響

別荘のつくり
  ・ハンドカットログ
  ・マシンカットログ
  ・2×4工法
  ・在来工法
  ・木質パネル工法

注文建築のポイント
  ・注文建築・建売の違い
  ・建築家・メーカー選び
  ・建築家との付き合い方

 

・資金関係について

  ・見学にいく

 

最終更新日:2014/10/2

>> 別荘地を選ぶ

■ 管理サービスで選ぶ ■

・別荘地の環境や快適さは管理で決まる

別荘地の自然環境や、道路や街路樹、公園、上下水道などの施設類がいかに優れていても、
それが将来も維持されるかは管理次第だ。別荘に滞在して、快適に過ごせるかどうかというのも
管理サービスの充実度に左右されてくる。

別荘地の管理の基本は「留守時の維持」と「緊急事態のサポート」、それにオプションとして
「ぜいたくな時間を過ごすためのサービス」がある。そのほかの基本的な「家事的雑務」は、
楽しみながら自分でこなしたいものだ。
賃貸アパートやマンションで日頃生活をしているならちょっとした家事でも楽しくできるかもしれませんね。
別荘にログハウスをお考えの方も、色々と注意が必要です。
まず別荘は自宅と違って家を空けることが多いです。ログハウスはとても繊細な建築物なので、空けっ放しではログハウスをいためる可能性があります。
ログハウスはメンテナンスの面まで考えて購入してください。

・管理費の範囲でどこまでやってくれるのか?

通常の管理費の範囲で受けられる管理サービスは、大きく3分野に分かれる。
まず、「別荘用地」=個々の敷地については、隣地との境界線や敷地内の植生などが
損なわれないように維持に努めて、大雪や台風で樹木が倒れるなどの、自然災害で被害が
発生したときには、通報してくれる。これは別荘が未建築でも受けられるもの。

「建物」については留守時の防犯パトロールや、災害や異常事態が発生したときの応急処置と
通報は最低限必要な管理サービスだ。意外に便利なのは鍵の保管と貸し出しのサービスで、
出先から気が向いて急に訪れたときなどに重宝するものだ。

環境を守る意味で大事なのが、「別荘地全体の共益管理」。道路や水道、公園、街路灯などが
常にベストの状態で機能するように維持し、清掃をする。ゴミの回収も重要なポイントだ。
降雪のある地域の別荘地では、道路の除雪は欠かせない管理項目のひとつである。

・複数の目的に優先順位をつけてみる

長年にわたって満足して使える別荘地を選ぶためには、別荘地についての知識や
実際の見聞を広げるとともに、購入の目的をはっきりさせることが大事。理由としては、
目的いかんで重視する要素が違ってくるからだ。

たとえば、純粋にのんびりと、快適にくつろぎたいのが目的なら、区画の広さと充実した
管理体制は最重要項目だ。また、週末しか利用できなければ交通アクセスも近いに越した
ことはないだろう。スポーツを満喫するため、あるいは温泉を楽しむためなら、そうした条件が
整った別荘地をピックアップして、そのほかの条件を比較検討することになるだろう。

どんなリゾートライフが送りたいか、あなたの別荘購入目的に応じて、別荘地の持つさまざまな
条件の重要度が違ってくる。数ある購入目的に優先順位をつけると整理がしやすくなるはず。

・リゾートライフは人が集まる場所を選ぶのが無難

では、どうするか、友人が持っている別荘地なら、一度使わせてもらって本音の話も聞いて
判断することができる。まったくツテがないという場合は納得いくまで訪問して、オーナーに
話を聞いてみてもいいだろう。もっと効率がいいのは、人が集まっている別荘地に注目すること。

事業主が環境整備や管理に力を入れ、何かしら魅力的な要素がなければ、人は集まらない。
人が集まっていれば、質も伴っていると判断できる。

また、通常のリゾートライフを楽しむなら人が集まるエリア、別荘地を選ぶ方が無難なのも事実だ。

■pickup■