リゾート・別荘の上手な探し方 Resort.navi
メニュー
  ・はじめに
別荘地を選ぶ
  ・分類で選ぶ
  ・立地条件で選ぶ
  ・管理サービスで選ぶ

区画選び
  ・傾斜地
  ・平坦地
  ・建築規制の影響

別荘のつくり
  ・ハンドカットログ
  ・マシンカットログ
  ・2×4工法
  ・在来工法
  ・木質パネル工法

注文建築のポイント
  ・注文建築・建売の違い
  ・建築家・メーカー選び
  ・建築家との付き合い方

 

・資金関係について

  ・見学にいく

 

Last update:2014/10/2

>> 別荘地を選ぶ

■ 分類で選ぶ ■

・エリアや価格だけじゃない別荘地の分類

日本にある別荘地を、「開発手法別」・「開発事業体別」・「成熟度別」・「権利関係別」という4つの柱を
立てて分類し、各タイプの特徴を簡単に表にして下にまとめた。
もし賃貸物件のようなタイプも知りたい方がいらっしゃればそれについてもいつかお話をしたいと思います。 仙台の賃貸にも分類がありますよね。
家族向けの仙台賃貸なのか、仙台の大学に通う学生向きの賃貸なのか、など。

これらの条件が違うと、別荘地の環境も大分異なることを確認するとともに、あなたの理想とする
別荘地のタイプを確認してみよう。また、これらの柱を重ね合わせることによって、あなたにとって
理想的な別荘地の姿をもう少し詳しく浮かび上がらせることもできるだろう。

たとえば、落ち着いた環境で文化的なリゾートライフが送りたいなら、「純別荘地型」で
「成熟期」にある別荘地の中に、ぴったりの別荘地が見つかる可能性が高いはずだ。

高校生や大学生の子どもがいる人の場合なら
「複合リゾート型」で「発展期」・「成熟期」の別荘地が合うだろう。

また、リタイアして定住する場合なら、「純別荘地型」で「大手不動産会社系」、
もしくは「リゾート専門会社系」で、かつ「発展期」以降の別荘地がお勧めだ。
別荘地の歴史や環境の維持などは広告ではわからないものだ。

また、別荘地ごとに、ここでは表れてこない魅力もあると思うので、
実際に現地で確認してみるといいだろう。
ただ、この分類を意識して見学すれば、選択を誤ることはないはず。

・日本の別荘地を4つの視点から分類

1.開発の手法で分類
ここでは別荘地の環境で分類している。
別荘地に付属している共有施設、街並みの景観や自然環境がおおよそきまってくる。

複合リゾート型
別荘用地のほかにマンションなどがあるリゾートタウンで、
敷地内にゴルフ場、スキー場などを持ち、大型で賑やかなのが特徴。
純別荘地型
別荘用地がほとんどを占めている。常駐管理が行われている囲い込み型のリゾートタウンで、落ち着いた環境が魅力だ。
地域内ネットワーク型
一般的に歴史がある場所。開発規模が大きく、エリアを代表する別荘地が多いタイプ。施設や管理体制も行き届いているのが特徴。
小棟現場単独型
数区画、数十区画の規模で開発された分譲地のタイプ。独自の管理センターはほとんどないが、概して相場は低いのが特徴。

2.開発事業体で分類
開発事業体の違いから、別荘地の歴史の古さや管理体制の充実度、
土地の権利関係、土地の価格の違いがある程度わかる。

公共団体
地元町村や県の土地、国有林を自治体や林野庁が開発した別荘地など。環境維持のための規制が厳しく、借地権も多いのが特徴。
大手不動産会社系
一般的に歴史を持っている。開発規模が大きく、エリアを代表する別荘地が多いタイプ。施設や管理体制も行き届いているのが特徴。
リゾート専門会社系
別荘地の開発、運営を事業の柱とする中堅企業の別荘地だ。地域に根を張っていて信頼性が高く、管理面でも安心ができるのが特徴。
中小不動産会社系
小棟数の建売分譲や区画分譲中心で、管理面は一般的に実力不足だ。大規模な別荘地より価格が安いのが大きな特徴である。

3.成熟度で分類
成熟度の違いでわかるのは管理サービスの充実度、コミュニティーの発達度、
街並みの景観、そして別荘地の活気など。

創業期
環境、サービスともに充実を待つ段階だが、価格は一般に最も安くなっている。別荘建築が活発なところは将来性も良い。
発展期
建築済みの別荘も200~300戸を超え、管理体制が軌道に乗った段階のタイプ。オーナー間の交流も育ちつつあるのが特徴。
成熟期
新規分譲はほぼ終了している。総区画数の半数以上に別荘が建ち、オーナー主体の形で文化的なサロンが育っているのが特徴。
再生期

分譲会社の撤退などで開発が停滞していた別荘地に、新たな意欲ある企業が参入し、再び分譲に乗り出した段階のタイプ。

4.権利関係で分類
権利関係でみてみると、権利関係別では所有権と借地権に分かれるが、
どちらが安いかはそれぞれの価格に毎年の借地料×利用年数を加えて比較する分類

所有権
同一エリアで比べると、価格は借地権の区画より2~3倍高いが、借地代は必要ない。
借地権
期間30年程度の敷地利用権(更新可)を購入する。1区画の面積は広く、管理は充実する傾向。地代を払う必要がある。

注目サイト

北千住エリアで人気の脱毛サロンランキング

Last update:2017/9/19